【熊本地震】生きて…母の祈りは届かず

「生きて」-。そう願って握り続けた娘の手は冷たくなった。16日の地震では、多くの人々の命が容赦なく奪われた。「昨日まであんなに元気だったのに」。家族や友人らは信じられないような現実に打ちのめされ、涙に暮れた。     熊本県益城町福原の自宅で亡くなった河添由実さん(28)は、両親と兄、祖母の5人暮らし。近隣住民によると、つぶれた1階のがれきの隙間から伸びた由実さんの手を握りしめな...

【熊本地震】絆強かった益城の夫婦、帰らぬ人に 友人の涙止まらず

熊本県益城町平田の西村正敏さん(88)、美知子さん(82)夫妻は仲が良く、近所でも穏やかでまじめな人柄として知られていた。   近所の住民によると、2人は米や麦、梨などをつくった。10年ほど前に正敏さんが病で体が思うようにならなくなるまでは、地区の夫婦らのグループで年に1回、2泊3日の旅行に出かけるのが楽しみだった。     今も美知子さんが自宅で食...

【熊本地震】就寝中に倒壊家屋の下敷き…高齢者中心に犠牲 「孫が生きがい」「地域の“母”」 

孫が生きがいだったおじいちゃんが、地域の“母”として慕われていたおばあちゃんが、突然帰らぬ人となった。   激しい揺れに再び見舞われた九州では16日、倒壊家屋の下敷きとなり多くの人が犠牲に。   余震への不安が消えない中、降り出した無情の雨。「地盤の緩みが心配」。極度の緊張から被災者は不安を募らせた。       16日午前1時25分。地鳴りのような音が鳴り、1階の寝室で床についていた冨岡王将...

【熊本地震】「何げない会話が最後になるなんて」 熊本地震で友人を亡くす

九州で初めて震度7の激震が直撃し、9人が犠牲になった「熊本地震」。   一夜明けた15日も震源に近い熊本県益城町を中心に救助活動が続いた。懸命の救出が相次ぐ一方で、突然家族を失った住民は「信じたくない」と絶句した。熊本地方は16日夜から雨の予報で、二次災害と復旧の遅れを心配する避難所の住民は疲労の色を濃くした。     震災で亡くなった9人は、それぞ...

【熊本地震】「我が子のような存在」南阿蘇村で学生3人死亡

16日未明に再び熊本県などを襲った大地震。学生ら向けのアパートが倒壊し、多数の土砂崩れも起こるなど大きな被害があった南阿蘇村。   東海大阿蘇キャンパス近くでは、アパートが少なくとも6棟倒壊し、16日未明から消防の救助隊員らが生き埋めとなった学生らを10人以上救助したが、脇志朋弥(わき・しほみ)さん(21)、清田啓介さん(18)ら学生3人の死亡が確認された。   ...

【熊本地震】父「痛かったね」 娘が家屋倒壊の犠牲に

14日夜の最初の地震で最も大きな揺れを観測した熊本県益城町ではさらに被害が拡大。   倒壊する建物が増え、道路に大きなひびが入り、各所が通行止めになった。   「『夏には一緒にアイドルのコンサートに行こう』って3日前に約束したばかりだったんです」。深夜の地震が娘の命を奪い去り、母と娘のささやかな約束を踏みつぶした。     亡くなったの...

【熊本地震】息子を亡くした女性、今度は義理の娘まで帰らぬ人に・・・

震度7の揺れを観測した熊本地震で、被害が集中した熊本県益城町では倒壊した家屋の下敷きになるなどして8人が亡くなった。   悲しみに暮れる家族。助かった住民も壊れた自宅の片付けに追われ、先の見えない避難生活に不安を募らせた。       「仲の良い夫婦だったのに…」。   益城町馬水地区の宮守カズエさん(77)は、倒壊した自宅近くで親類ら...

【熊本地震】弟との別れ、信じられず 倒れた塀直撃、29歳、坂本さん

「行ってくるね」。前日の夜、いつものように元気に出かけた弟は、帰らぬ人となった。   熊本市東区の坂本龍也さん(29)は熊本地震の犠牲に。   「うそだろう」。兄、辰徳さん(34)の呼び掛けに、遺体の弟が応えることはなかった。       龍也さんは、昔から誰とでも仲良く話す明るい性格。男3人兄弟の末っ子として育ち、野球をしていた辰徳さ...

【熊本地震】家族、日常を奪われ…「助けて早く」願い届かず

14日夜に熊本県を襲った激震は、地域で暮らす人々の大切な家族や何気ない日常を非情にも奪っていった。   新緑と水田が広がる一方で、倒壊した民家のがれきが無残に積み上がり、深い悲しみがにじんだ。     益城町(ましきまち)の村上ハナエさん(94)と正孝さん(61)は自宅が倒壊し、親子で犠牲になった。       近所で理容店を営む女性に...

【東日本大震災】元職員「働くことで供養に」 南相馬、来秋再開の施設

死者・行方不明者636人、関連死が485人(今年2月時点)の福島県南相馬市。福島第1原発事故に伴う避難指示も一部で続いている。   「働くことで供養になれば」。利用者36人が死亡し、女性職員1人が行方不明となった南相馬市原町区の介護老人保健施設「ヨッシーランド」の元職員、但野(ただの)仁美さん(59)は11日朝、更地となった跡地に花を手向けた。   (写真はイメ...