【東日本大震災】震災で逝った“お姉ちゃん”との世界旅行

肩までの髪に、おそろいのワンピースを着た仲よしの姉妹。グアムでは夕陽が沈む海で、イタリアではピサの斜塔の前で――実際の姉妹に似せて作られた30cmほどのぬいぐるみ“姉妹人形”が訪問した国は20か国にもおよび、たくさんの写真が撮影された。  

世界各国を回った姉妹人形。右上から、イタリア、イギリス、アラブ首長国連邦、オーストリア、グアム。 「東日本大震災から6年。6才だった長女の愛梨(あいり)は、生きていたら春から中学生になります。これからは愛梨と過ごした時間よりも、いない時間の方が多くなる、私たちにとっては特別な年です」  

宮城県石巻市在住の佐藤美香さん(42才)はそう言って長女・愛梨ちゃん(享年6)の遺影をじっと見つめる。ハートマークが大好きだったという愛梨ちゃん。大好きな水色の服を着て微笑む遺影の前には、色とりどりのお花やお菓子、ぬいぐるみが飾られている。  

2011年3月11日午後2時46分。大地震発生の直後、幼稚園の送迎バスは、津波が迫るなか園児12人を乗せて発車。愛梨ちゃんはバスの中で被災して短い生涯を閉じた。

妹の珠莉(じゅり)ちゃんは当時3才。姉の死を理解するにはあまりにも幼かった。 「3つ下の珠莉はいつも愛梨について歩いて、なんでも真似て、愛梨が右に行けば右、左に行けば左にという感じでした」(佐藤さん、以下同)  

幼稚園から帰ると「珠莉ちゃん、遊ぼう!」と声をかける愛梨ちゃんだが、11日、愛梨ちゃんは帰ってこなかった。次の日も、その次の日も愛梨ちゃんの行方はわからない。その深夜のこと―― 「寝ていた珠莉が突然、わーっと大きな声で泣き出して、私も主人もびっくりしました。すると珠莉が“ママ、ママ、汚い!”って叫ぶんです。あ、愛梨だ。そう確信しました。珠莉はまだ3才で、はっきりとしゃべることができないのに、しっかり発音している。何よりも話し方や声が愛梨でした」  

いつも一緒だったふたりの強い絆。愛梨ちゃんは妹の体を借りてお別れをしに来た、佐藤さんはそう確信した。愛梨はどこか汚いところにいる。明日は必ず見つけよう。そう夫と話していると、再び「ママ」と呼ばれた。 「珠莉を抱いて“どうしたの?”って話しかけました。するとやっぱり愛梨の声で“ママ、好き”って言ってくれたんです。だから“ママも愛梨のことが大好きだよ”って伝えました。今でも、愛梨の最期の言葉は“ママ、好き”だと思っています」  

翌日、がれきの下から焼け焦げになったバスと、愛梨ちゃんを含めた園児4人の遺体が発見された。ずっと珠莉ちゃんは「愛梨を迎えに行って」「どうして帰ってこないの」と口にしていた。火葬が終わった数日後、佐藤さんは心を決め「愛梨はね、お星さまになったの」と話したという。

上戸や長友も心を動かされた亡き“お姉ちゃん”との世界旅行

「珠莉は泣き声を上げず、大粒の涙をポロポロと流し、その日から“どうして?”と聞くことはなくなりました」

しかし、姿は見えなくても、珠莉ちゃんはお姉ちゃんといつも一緒にいた。震災から1か月、2011年4月15日、石原軍団が開催した炊き出しで上戸彩(31才)から焼きそばを受け取るときもそうだった。

「珠莉は上戸さんに“お姉ちゃんの分もください”と言ったんです。“えっ?”という顔をされたので、事情を説明しました。すると珠莉を抱え上げて、ぎゅーっと抱きしめてくださったんです。幼くて上戸さんのことがわからない珠莉は、キョトンとしていました。私はただ、抱きしめてくれたことがうれしかった」

大好きなお姉ちゃんに会いたい――2011年からずっと、クリスマスにする、サンタさんへのお願いは同じだった。

「お姉ちゃんが帰ってきますように」

◆たくさんのサンタが姉妹の夢を叶えた

そんな珠莉ちゃんは、2014年8月に放送された『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ)の中の『人形の旅』に夢中になる。

「関ジャニ∞の安田章大さんがパーソナリティーで、病気で海外に行けない少女の代わりに、少女にそっくりな人形をハワイなどに連れて行き、写真や動画を撮影するというコーナーでした。珠莉は食い入るように見ていて、“これをお姉ちゃんにやってあげたい”と言ったんです」

その冬、珠莉ちゃんはサンタさんに「私たちの人形が欲しい」とお願いした。『人形の旅』を覚えていたのだ。そして2015年の冬は、プレゼントの人形を手に、「サンタさんと一緒に世界中を旅行させてほしい」と手紙を書いた。

「もともと前年に、珠莉にあげた人形もボランティアで作っていただいたもの。最初は、“珠莉、なんてことをお願いするの。そんなことできるわけない”と頭を抱えました」

しかし、それを聞いた『河北新報』の記者が記事にしたのをきっかけに、事態は大きく動き出した。

「愛梨のことや珠莉の思いが書かれた記事を見て、個人のかたや被災地支援のNPOが『河北新報』さんを通して連絡をくださり、珠莉の夢を叶えようと動き出してくださったんです。とってもありがたくてうれしかったんですけど申し訳ない思いもありました。思いのこもった人形だし意外と大きいので、旅行中は気を使うでしょうし、写真を撮るのも負担になる。旅行を楽しめないのではという思いもありました。だけどみなさん、すごく楽しかったとおっしゃってくださいました」

1年間で25組の協力者が現れ、人形は20か国を旅することになった。その写真集は、2016年のクリスマスに珠莉ちゃんにプレゼントされた。

佐藤さんは、この一連の出来事を『ふたりのせかいりょこう』(祥伝社)という一冊の本にまとめた。

協力者が撮影した写真の中にはイタリア行きの機内で、サッカーの長友佑都選手(30才)や本田圭佑選手(30才)と姉妹人形の4ショットもある。偶然一緒になった協力者がその場で趣旨を説明し、快諾した2人と、仲よく写真に収まったのだ。

「長友さんは偶然にも奥さまのお名前が同じ『愛梨』さんで、親近感を感じてしまいました。また、石巻には本田さんの支援で寄贈されたフットサルコートがあって、珠莉は今、そこでサッカーをしています」  

また、上戸彩の夫・HIRO(47才)も事務所を通じて協力していた。 「昨年3月11日の『めざましテレビ』(フジテレビ系)で東日本大震災の特集があったときに、この人形のことが紹介されたのですが、ナレーションを上戸さんが引き受けてくださいました。HIROさんも協力してくださり、人形をニューヨークに連れて行ってくださった」  さらにある日、佐藤さんの家に段ボールが届いた。 「差出人に『五十嵐広行』と書いてあって、失礼だけれど初めて見る名前で、おそるおそる開けました。すると、EXILEさんのCDや本、HIROさんのサインに手紙も入っていて驚きました。上戸さんのメッセージも添えてあって、思いを寄せてくださるかたがいらっしゃることが、とてもありがたかったです」  

多くの人の手によって実現した姉妹の世界旅行。珠莉ちゃんは今も「サンタさんからのプレゼント」と信じている。 「いつか、本当のことを伝える時期がきたら、協力者さんの写真を見せて“サンタさんはこの人たちだよ”って伝えようと思っています」  

震災から6年。珠莉ちゃんは、愛梨ちゃんが亡くなった年を追い越し、9才になった。将来の夢は、アナウンサーだ。 「愛梨が叶えたかった夢です。なれるかどうかはこれからの勉強次第ですが、やっぱり、お姉ちゃんは珠莉の中で生きているんだなと思います」

女性セブン

【スポンサーリンク】

もしこの記事が気に入って頂けましたなら、はてなブックマークやツイッター、Facebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。この上無いはげみになります。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2011-3-20

    【東日本大震災】夫の最後の贈り物、指輪に誓う「娘と強く」

    夫の荷物の中に指輪があった。ホワイトデーのプレゼントに、こっそり買ってくれていたらしい。  …

ピックアップ記事

  1. 東日本大震災の津波から孫2人を守りながらも、母を失った南相馬市小高区の渡辺のり子さん(66)は「…
  2. 仙台市青葉区の清水和子さん(67)が27日、看護師の国家試験に3度目の挑戦で合格した。東日本大震…
  3. 肩までの髪に、おそろいのワンピースを着た仲よしの姉妹。グアムでは夕陽が沈む海で、イタリアではピサ…
  4. 岩手県陸前高田市 金沢善郎さん(86)晃子(当時53歳)、私が仏間にめったに入らないから怒っ…
  5. 宮城・石巻の小高正美さん、親子4人で歩み始める新しい命に、失った我が子らの思い出や成長を託せるよ…
  6. 「僕は成田家の人間ですから」彼は即答した。東日本大震災で亡くなった宮城県石巻市の成田絵美…
  7. 「恨んでいる相手と一緒にいるのはつらいだろうから、離婚して東京の実家に帰るか?」夫のその言葉…
ページ上部へ戻る