【イタリア中部・アマトリーチェ地震】9歳少女、幼い妹をかばい犠牲に

イタリア中部地震の犠牲者を悼み、アスコリ・ピチェーノで2016年8月27日に行われた国葬で、生死を分けた幼い姉妹の運命が教会の司教によって紹介され、参列者らは深い悲しみに包まれた。   

AP通信などによると、九歳のジュリア・リナルドちゃんと、妹ジョルジャちゃんの姉妹は二十四日の地震に巻き込まれ、がれきの下敷きとなった。

救助隊員が姉妹を救出したのは十五時間後。

ジュリアちゃんは妹をかばうようにしっかりと抱きしめながら、すでに息を引き取っていた。  

妹ジョルジャちゃんは一命を取り留め、二十七日に四歳になった。

二人を助け出した救助隊員はイタリア紙に対し、ジョルジャちゃんは、姉のつくった空間のおかげで息をすることができたのではと話した。ただ、今もショックで話ができないという。  

ジュリアちゃんは小さなひつぎに納められ、国葬の会場となった体育館に安置された。  

救助隊員の一人はひつぎに手紙を添え、無念をにじませた。

「到着が遅くなったことを許してほしい。できる限りの手は尽くしたことは分かってください」 

東京新聞

【スポンサーリンク】

もしこの記事が気に入って頂けましたなら、はてなブックマークやツイッター、Facebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。この上無いはげみになります。

おすすめ記事

  1. 2011-3-20

    【東日本大震災】夫の最後の贈り物、指輪に誓う「娘と強く」

    夫の荷物の中に指輪があった。ホワイトデーのプレゼントに、こっそり買ってくれていたらしい。  …

ピックアップ記事

  1. 東日本大震災の津波から孫2人を守りながらも、母を失った南相馬市小高区の渡辺のり子さん(66)は「…
  2. 仙台市青葉区の清水和子さん(67)が27日、看護師の国家試験に3度目の挑戦で合格した。東日本大震…
  3. 肩までの髪に、おそろいのワンピースを着た仲よしの姉妹。グアムでは夕陽が沈む海で、イタリアではピサ…
  4. 岩手県陸前高田市 金沢善郎さん(86)晃子(当時53歳)、私が仏間にめったに入らないから怒っ…
  5. 宮城・石巻の小高正美さん、親子4人で歩み始める新しい命に、失った我が子らの思い出や成長を託せるよ…
  6. 「僕は成田家の人間ですから」彼は即答した。東日本大震災で亡くなった宮城県石巻市の成田絵美…
  7. 「恨んでいる相手と一緒にいるのはつらいだろうから、離婚して東京の実家に帰るか?」夫のその言葉…
ページ上部へ戻る