【熊本地震】がれきの下から周り励ます「みんなも頑張らなんよ」

熊本県阿蘇村で倒壊した自宅の下敷きになった後、搬送先の宮崎県内の病院で死亡し、同村が23日に災害関連死と認定した藤本ヤス子さん(69)。

「私は大丈夫。みんなも頑張らなんよ」。

がれきの中で助けを待つ間も、救い出されて住民の軽トラックで病院に運ばれる時も、声をふりしぼって近隣の被災者や周りの人々を励まし続けていた。 

藤本さんは16日未明の大地震で、自宅1階の梁(はり)に押しつぶされ、左脚を骨折した。

暗闇の中、懐中電灯のわずかな明かりを頼りに、約10人の住民が1時間ほどかけて藤本さんの体を引きずり出した。だが119番がつながらず、藤本さんは軽トラックで病院へ運ばれた。  

19日に脚を手術する直前にも、藤本さんは電話で近所の女性に「私も頑張る。あなたも頑張って」と伝えた。

その後、容体が急変。21日、帰らぬ人となった。  

親戚の渡辺正文さん(61)によると、藤本さんは近くのゴルフ場でキャディーを長年務めた。地域の盛り上げ役で、手作りの梅干しを具材にしたおにぎりを近所に振る舞うなどしていた。  

“気配り上手なあねご”の死に、渡辺さんは「自分のことは後回し。周りの人を優先する優しい人だった」と肩を落とした。

(共同) 

【スポンサーリンク】

もしこの記事が気に入って頂けましたなら、はてなブックマークやツイッター、Facebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。この上無いはげみになります。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2011-3-20

    【東日本大震災】夫の最後の贈り物、指輪に誓う「娘と強く」

    夫の荷物の中に指輪があった。ホワイトデーのプレゼントに、こっそり買ってくれていたらしい。  …

ピックアップ記事

  1. 東日本大震災の津波から孫2人を守りながらも、母を失った南相馬市小高区の渡辺のり子さん(66)は「…
  2. 仙台市青葉区の清水和子さん(67)が27日、看護師の国家試験に3度目の挑戦で合格した。東日本大震…
  3. 肩までの髪に、おそろいのワンピースを着た仲よしの姉妹。グアムでは夕陽が沈む海で、イタリアではピサ…
  4. 岩手県陸前高田市 金沢善郎さん(86)晃子(当時53歳)、私が仏間にめったに入らないから怒っ…
  5. 宮城・石巻の小高正美さん、親子4人で歩み始める新しい命に、失った我が子らの思い出や成長を託せるよ…
  6. 「僕は成田家の人間ですから」彼は即答した。東日本大震災で亡くなった宮城県石巻市の成田絵美…
  7. 「恨んでいる相手と一緒にいるのはつらいだろうから、離婚して東京の実家に帰るか?」夫のその言葉…
ページ上部へ戻る