【熊本地震】絆強かった益城の夫婦、帰らぬ人に 友人の涙止まらず

熊本県益城町平田の西村正敏さん(88)、美知子さん(82)夫妻は仲が良く、近所でも穏やかでまじめな人柄として知られていた。

近所の住民によると、2人は米や麦、梨などをつくった。10年ほど前に正敏さんが病で体が思うようにならなくなるまでは、地区の夫婦らのグループで年に1回、2泊3日の旅行に出かけるのが楽しみだった。

今も美知子さんが自宅で食べる米をつくり、正敏さんの介護もしていたという。  

50年以上の付き合いがあった米満京子さん(78)は16日、避難先の公民館で西村さん夫妻が家に閉じ込められたと聞いた。

「何とか生きていてほしい」と祈った。

亡くなったという知らせに涙が止まらなかった。

「美知子さんは、思うように動けない正敏さんを残して逃げられなかったのかもしれない」。

米満さんは最後まで強かったであろう夫婦の絆を思った。 

朝日新聞

【スポンサーリンク】

もしこの記事が気に入って頂けましたなら、はてなブックマークやツイッター、Facebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。この上無いはげみになります。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2011-3-20

    【東日本大震災】夫の最後の贈り物、指輪に誓う「娘と強く」

    夫の荷物の中に指輪があった。ホワイトデーのプレゼントに、こっそり買ってくれていたらしい。  …

ピックアップ記事

  1. 東日本大震災の津波から孫2人を守りながらも、母を失った南相馬市小高区の渡辺のり子さん(66)は「…
  2. 仙台市青葉区の清水和子さん(67)が27日、看護師の国家試験に3度目の挑戦で合格した。東日本大震…
  3. 肩までの髪に、おそろいのワンピースを着た仲よしの姉妹。グアムでは夕陽が沈む海で、イタリアではピサ…
  4. 岩手県陸前高田市 金沢善郎さん(86)晃子(当時53歳)、私が仏間にめったに入らないから怒っ…
  5. 宮城・石巻の小高正美さん、親子4人で歩み始める新しい命に、失った我が子らの思い出や成長を託せるよ…
  6. 「僕は成田家の人間ですから」彼は即答した。東日本大震災で亡くなった宮城県石巻市の成田絵美…
  7. 「恨んでいる相手と一緒にいるのはつらいだろうから、離婚して東京の実家に帰るか?」夫のその言葉…
ページ上部へ戻る