【東日本大震災】元職員「働くことで供養に」 南相馬、来秋再開の施設

死者・行方不明者636人、関連死が485人(今年2月時点)の福島県南相馬市。福島第1原発事故に伴う避難指示も一部で続いている。

「働くことで供養になれば」。利用者36人が死亡し、女性職員1人が行方不明となった南相馬市原町区の介護老人保健施設ヨッシーランド」の元職員、但野(ただの)仁美さん(59)は11日朝、更地となった跡地に花を手向けた。

来秋にも高台で再開するヨッシーランドで再び勤務するつもりだ。  

施設は沿岸部から内陸約2キロにあった。但野さんらは、車椅子やベッドに乗せた利用者を駐車場に集め、毛布や上着を運んだ。「ドーン」。雷のような音で振り返ると、津波が海沿いの家を越えた。

利用者3人を車に乗せ、海岸から離れた病院に駆け込んだ。  

震災の1年半前に勤め始めたヨッシーランドが介護の初仕事だった。アドバイスをくれたのが、行方不明の看護師、高橋英子さん(当時53歳)だった。

経験は違うが同い年。いつも優しく相談に乗ってくれた。高橋さんは海沿いの在宅利用者の様子を見に行き、津波に巻き込まれたらしい。

但野さんは震災9カ月後、病院の療養病棟で介護の仕事に就いた。母の介護や体力への不安があるが、できる限り働き続けようと思う。高橋さんや利用者への「ごめんね」と「ありがとう」の思いを胸に。 

毎日新聞

【スポンサーリンク】

もしこの記事が気に入って頂けましたなら、はてなブックマークやツイッター、Facebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。この上無いはげみになります。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2011-3-20

    【東日本大震災】夫の最後の贈り物、指輪に誓う「娘と強く」

    夫の荷物の中に指輪があった。ホワイトデーのプレゼントに、こっそり買ってくれていたらしい。  …

ピックアップ記事

  1. 東日本大震災の津波から孫2人を守りながらも、母を失った南相馬市小高区の渡辺のり子さん(66)は「…
  2. 仙台市青葉区の清水和子さん(67)が27日、看護師の国家試験に3度目の挑戦で合格した。東日本大震…
  3. 肩までの髪に、おそろいのワンピースを着た仲よしの姉妹。グアムでは夕陽が沈む海で、イタリアではピサ…
  4. 岩手県陸前高田市 金沢善郎さん(86)晃子(当時53歳)、私が仏間にめったに入らないから怒っ…
  5. 宮城・石巻の小高正美さん、親子4人で歩み始める新しい命に、失った我が子らの思い出や成長を託せるよ…
  6. 「僕は成田家の人間ですから」彼は即答した。東日本大震災で亡くなった宮城県石巻市の成田絵美…
  7. 「恨んでいる相手と一緒にいるのはつらいだろうから、離婚して東京の実家に帰るか?」夫のその言葉…
ページ上部へ戻る