【東日本大震災】津波にのまれた幼稚園バス 犠牲の園児、絵本の主人公に

乗っていた幼稚園のバスが東日本大震災津波にのまれ、犠牲になった宮城県石巻市の佐藤愛梨(あいり)ちゃん(当時6)を主人公にした絵本が出版された。

短かった命。でも絵本は語りかける。「6年分の命を たくさん たくさん たくさん生きた。しっかりと生ききった」 

絵本は「あなたをママと呼びたくて… 天から舞い降りた命」。前橋市の絵本作家空羽(くう)ファティマ(本名・関口恵子)さん(52)が手がけた。

昨年3月、テレビで愛梨ちゃんの母美香さん(40)のことを知り、つらさを分かち合えればと、命や愛をテーマにした自身の絵本11冊を送り、「悲しみを癒やせないと承知していますが、寄り添わせてください」と便箋(びんせん)8枚に思いをつづった。

受け取った美香さんは「ずうずうしいかも」と悩んだ末、半年後に絵本づくりをお願いした。

大きな揺れに襲われたあの日。幼稚園バスはおびえて泣きじゃくる子どもたちを乗せて、高台の園から海の方向へ出発した。「だいじょうぶ。こわくないよっ」。バスの中で、愛梨ちゃんはみんなを励ました。

4日後は卒園式。謝恩会で歌おうと、美香さんと練習していた歌を何回も歌った。だが、バスはその後、波にのまれ、火に包まれた。愛梨ちゃんら園児5人が犠牲になった。

先に降りて助かった園児たちの証言などからわかった事実だ。

絵本では、天国に帰った愛梨ちゃんが天使ににっこりとほほ笑む。「たっくさん ママと呼べて うれしかったよ」。もぐもぐ食べたカレーと肉じゃが、ハンバーグ。お絵かきでは虹とハートをよく描いた。

七五三の着物も、用意していたランドセルも、大好きな水色だった。家族に囲まれた幸せな6年間の日々。愛が死にひきさかれることは決してない――。そう語りかける。

全56ページ。表紙の愛梨ちゃんはファティマさんの娘(11)が、中の22枚の絵は前橋市内の子どもたちが手がけた。

裏表紙は、愛梨ちゃんの3歳違いの妹珠莉(じゅり)ちゃん(7)が描いた。森の中で姉と笑いながら手をつないでいる。

美香さんは「同じ悲しみを繰り返させないように、教育関係者に読んでもらいたい。

そして生きたくても生きられなかった娘の話を通じて、命の尊さを伝えたい」。ファティマさんは「温かい思いが詰まった本です。愛梨ちゃんは本の中で生き続けています」と話す。

朝日新聞

【スポンサーリンク】

もしこの記事が気に入って頂けましたなら、はてなブックマークやツイッター、Facebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。この上無いはげみになります。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2011-3-20

    【東日本大震災】夫の最後の贈り物、指輪に誓う「娘と強く」

    夫の荷物の中に指輪があった。ホワイトデーのプレゼントに、こっそり買ってくれていたらしい。  …

ピックアップ記事

  1. 東日本大震災の津波から孫2人を守りながらも、母を失った南相馬市小高区の渡辺のり子さん(66)は「…
  2. 仙台市青葉区の清水和子さん(67)が27日、看護師の国家試験に3度目の挑戦で合格した。東日本大震…
  3. 肩までの髪に、おそろいのワンピースを着た仲よしの姉妹。グアムでは夕陽が沈む海で、イタリアではピサ…
  4. 岩手県陸前高田市 金沢善郎さん(86)晃子(当時53歳)、私が仏間にめったに入らないから怒っ…
  5. 宮城・石巻の小高正美さん、親子4人で歩み始める新しい命に、失った我が子らの思い出や成長を託せるよ…
  6. 「僕は成田家の人間ですから」彼は即答した。東日本大震災で亡くなった宮城県石巻市の成田絵美…
  7. 「恨んでいる相手と一緒にいるのはつらいだろうから、離婚して東京の実家に帰るか?」夫のその言葉…
ページ上部へ戻る