【東日本大震災】第2の人生満喫

相馬市原釜 菊地完さん(78) 

5年ほど前まで地元の漁師として働いた。底引き船で出港し、60年近く主に近海魚を捕っていた。  

漁を長男に託した後は友人と一緒に旅行に出掛けたり、花札で遊んだりして、のんびりと第2の人生を満喫していた。愛犬「ごんた」の散歩が毎朝の日課だった。  

震災時、妻マスさん(76)と自宅にいた。「津波が来る。逃げよう」と叫ぶマスさんに、完さんは「すぐに追い掛ける」と言い、散乱した部屋の片付けを始めた。マスさんが高台に着いた直後、黒い津波が自宅を襲った。  

昨年3月28日に自宅近くで、ごんたと一緒に発見された。ごんたと散歩する際に愛用する水色のジャンパーを羽織っていた。 

福島日報

【スポンサーリンク】

もしこの記事が気に入って頂けましたなら、はてなブックマークやツイッター、Facebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。この上無いはげみになります。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2011-3-20

    【東日本大震災】夫の最後の贈り物、指輪に誓う「娘と強く」

    夫の荷物の中に指輪があった。ホワイトデーのプレゼントに、こっそり買ってくれていたらしい。  …

ピックアップ記事

  1. 東日本大震災の津波から孫2人を守りながらも、母を失った南相馬市小高区の渡辺のり子さん(66)は「…
  2. 仙台市青葉区の清水和子さん(67)が27日、看護師の国家試験に3度目の挑戦で合格した。東日本大震…
  3. 肩までの髪に、おそろいのワンピースを着た仲よしの姉妹。グアムでは夕陽が沈む海で、イタリアではピサ…
  4. 岩手県陸前高田市 金沢善郎さん(86)晃子(当時53歳)、私が仏間にめったに入らないから怒っ…
  5. 宮城・石巻の小高正美さん、親子4人で歩み始める新しい命に、失った我が子らの思い出や成長を託せるよ…
  6. 「僕は成田家の人間ですから」彼は即答した。東日本大震災で亡くなった宮城県石巻市の成田絵美…
  7. 「恨んでいる相手と一緒にいるのはつらいだろうから、離婚して東京の実家に帰るか?」夫のその言葉…
ページ上部へ戻る