【東日本大震災】地域で評判の理容師 「3代目」の志半ばに 7人の子ども育てる

相馬市磯部 

天沼 誠一さん (60) 真也さん(26)  キャウさん(86)

誠一さんと妻みどりさん(52)が営む天沼理容所は「とれにくいパーマがいい」と好評で、いつも常連客でにぎわっていた。先代から受け継ぎ、約60年続く店だった。

震災当日、店は営業中で、1階の店舗には誠一さんとみどりさん、2階には母のキャウさんと長男の真也さんが居た。地震が起き、みどりさんが「津波が来るかもしれない」と話したが、誠一さんは「明日仕事ができるように」と散らかった店内の片付けを始めた。

みどりさんは2階に駆け上がり、キャウさんと真也さんに避難を促したが、店舗が鉄骨鉄筋コンクリート造りであったため、「津波が来ても2階なら大丈夫」と誰も避難しようとしなかった。

しかし津波は3階建ての店舗兼住宅全てをのみ込んだ。4人とも流されたが、3階に避難していたたみどりさんだけががれきにつかまり助かった。3人は自宅から数100メートル離れた場所で、相次いで見つかった。

無職だった真也さん。「店を継ごうかな」と話していたが、それはかなわなくなった。誠一さんは神社仏閣を見に旅行に行くのが好きだった。キャウさんは理容業を手伝う傍ら、7人の子どもを育て上げた。 

福島民報

【スポンサーリンク】

もしこの記事が気に入って頂けましたなら、はてなブックマークやツイッター、Facebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。この上無いはげみになります。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2011-3-20

    【東日本大震災】夫の最後の贈り物、指輪に誓う「娘と強く」

    夫の荷物の中に指輪があった。ホワイトデーのプレゼントに、こっそり買ってくれていたらしい。  …

ピックアップ記事

  1. 東日本大震災の津波から孫2人を守りながらも、母を失った南相馬市小高区の渡辺のり子さん(66)は「…
  2. 仙台市青葉区の清水和子さん(67)が27日、看護師の国家試験に3度目の挑戦で合格した。東日本大震…
  3. 肩までの髪に、おそろいのワンピースを着た仲よしの姉妹。グアムでは夕陽が沈む海で、イタリアではピサ…
  4. 岩手県陸前高田市 金沢善郎さん(86)晃子(当時53歳)、私が仏間にめったに入らないから怒っ…
  5. 宮城・石巻の小高正美さん、親子4人で歩み始める新しい命に、失った我が子らの思い出や成長を託せるよ…
  6. 「僕は成田家の人間ですから」彼は即答した。東日本大震災で亡くなった宮城県石巻市の成田絵美…
  7. 「恨んでいる相手と一緒にいるのはつらいだろうから、離婚して東京の実家に帰るか?」夫のその言葉…
ページ上部へ戻る