【東日本大震災】女手一つで育児 友多い優しい子

南相馬市原町区萱浜 高橋美代子さん =当時49= 麻実さん =当時18=  

生命保険会社に約20年間勤めていた美代子さんは家族の大黒柱。10年ほど前に離婚後、一男一女を女手一つで育て上げた。

三姉妹の次女で、負けず嫌いで男勝りな性格。多忙な毎日でも家事や育児を怠らなかった。長男の大典さん(23)夫婦がもうけた初孫の結愛(ゆな)ちゃん(2つ)をかわいがっていた。  

震災当日は勤務日だった。津波が到達する前、海岸から徒歩15分の自宅に一度は戻った。結愛ちゃんと留守番をしていた母宮子さん(76)に「気を付けてね」と言い残し、仕事に戻った。翌朝、乗っていた車の中から発見された。  

宮子さんの暮らす市内の仮設住宅には、今でも月命日に勤務先の上司が焼香に訪れる。  

長女の麻実さんは優しい性格で友人も多く、小さいころから子どもが好きだった。「保母さんになりたい」と夢見ていた。  

震災前に運転免許を取得。3月11日はアルバイトを普段より早めに切り上げ、美代子さんにお金を借りて買った車で帰宅した直後、津波に巻き込まれた。17日に地元の消防団に発見された。 

福島日報

【スポンサーリンク】

もしこの記事が気に入って頂けましたなら、はてなブックマークやツイッター、Facebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。この上無いはげみになります。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2011-3-20

    【東日本大震災】夫の最後の贈り物、指輪に誓う「娘と強く」

    夫の荷物の中に指輪があった。ホワイトデーのプレゼントに、こっそり買ってくれていたらしい。  …

ピックアップ記事

  1. 東日本大震災の津波から孫2人を守りながらも、母を失った南相馬市小高区の渡辺のり子さん(66)は「…
  2. 仙台市青葉区の清水和子さん(67)が27日、看護師の国家試験に3度目の挑戦で合格した。東日本大震…
  3. 肩までの髪に、おそろいのワンピースを着た仲よしの姉妹。グアムでは夕陽が沈む海で、イタリアではピサ…
  4. 岩手県陸前高田市 金沢善郎さん(86)晃子(当時53歳)、私が仏間にめったに入らないから怒っ…
  5. 宮城・石巻の小高正美さん、親子4人で歩み始める新しい命に、失った我が子らの思い出や成長を託せるよ…
  6. 「僕は成田家の人間ですから」彼は即答した。東日本大震災で亡くなった宮城県石巻市の成田絵美…
  7. 「恨んでいる相手と一緒にいるのはつらいだろうから、離婚して東京の実家に帰るか?」夫のその言葉…
ページ上部へ戻る