【東日本大震災】おかえり、(平塚)小晴 重機に乗り長女を捜し続けた母 宮城・石巻の大川小 

東日本大震災津波で多くの児童が流された宮城県石巻市立大川小学校から数キロ離れた海で、遺体の 一部が見つかりDNA鑑定の結果、中学校教諭の平塚真一郎さん(45)と妻なおみさん(37)の長女で6年生 だった小晴さん(当時12歳)と22日確認された。

「せめて一部だけでもと思っていたら、本当にそうでした。そ れでも帰ってきてくれてうれしい」。

捜索のため6月に重機の資格を取った、なおみさん。愛娘が帰ってきた今 も重機を操り、なお不明の児童4人の捜索に加わる。最後の一人が見つかるまで--。

遺体が見つかったのは名振(なぶり)湾の漁港付近。地元漁師が見つけ8月9日、夫婦2人で確認に出向い た。津波に流され、たどりついたのか。

「へそを見れば分かる」と思っていたが、損傷は激しい。ただ、重ね着し ていた下着は見覚えがあった。震災当日はまだ寒かったからだ。

「小晴が、私たちが分かる形で帰ってきて くれた」と夫婦は確信した。遺体は翌日に一晩だけ帰宅、11日に火葬に付した。 正式確認に真一郎さんは「ようやく葬儀を出して、みんなの元に送ってやれる」とほっとした様子で話す。

な おみさんは「他の子たちの捜索で、できることを続けます」と力を込めた。 全児童108人のうち、小晴さんを含め70人が亡くなり今も4人が行方不明の同小。震災直後は冠水し近づ くことさえできなかった。

水が引いてからは周辺で、他の不明児童の保護者らと土を掘り返すなどしてきた。

真一郎さんが仕事に復帰後、なおみさんは6月下旬に教習所に通って重機の資格を取得。石巻市から借り た重機を他の保護者とともに操縦し、手がかりを求め地面を掘り返した。

小晴さんが帰ってくるまで「ずっと見つからず、取り残されるんじゃないか」と不安だった。気遣って足を 運んでくれた他の保護者への感謝が、なおみさんを突き動かす。

捜索で精いっぱいな保護者に代わり「まだ 捜す場所はある」と捜索の継続を訴えている。 

毎日新聞 

【スポンサーリンク】

もしこの記事が気に入って頂けましたなら、はてなブックマークやツイッター、Facebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。この上無いはげみになります。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2011-3-20

    【東日本大震災】夫の最後の贈り物、指輪に誓う「娘と強く」

    夫の荷物の中に指輪があった。ホワイトデーのプレゼントに、こっそり買ってくれていたらしい。  …

ピックアップ記事

  1. 東日本大震災の津波から孫2人を守りながらも、母を失った南相馬市小高区の渡辺のり子さん(66)は「…
  2. 仙台市青葉区の清水和子さん(67)が27日、看護師の国家試験に3度目の挑戦で合格した。東日本大震…
  3. 肩までの髪に、おそろいのワンピースを着た仲よしの姉妹。グアムでは夕陽が沈む海で、イタリアではピサ…
  4. 岩手県陸前高田市 金沢善郎さん(86)晃子(当時53歳)、私が仏間にめったに入らないから怒っ…
  5. 宮城・石巻の小高正美さん、親子4人で歩み始める新しい命に、失った我が子らの思い出や成長を託せるよ…
  6. 「僕は成田家の人間ですから」彼は即答した。東日本大震災で亡くなった宮城県石巻市の成田絵美…
  7. 「恨んでいる相手と一緒にいるのはつらいだろうから、離婚して東京の実家に帰るか?」夫のその言葉…
ページ上部へ戻る