忘れえぬ震災の記憶-地震の国ニッポン

世界に類を見ない地震大国ニッポン

永長地震・鎌倉大地震・明応地震・慶長地震・元禄地震・宝永地震・八重山地震・ 島原大変肥後迷惑・善光寺地震・安政江戸地震・明治三陸地震・関東大震災・・・

現在までに数万人から数十万人の命を奪ってきた地震は枚挙にいとまがない。

そして近年、日本はまたも阪神淡路大震災や東日本大震災、熊本地震といった大きな地震を経験し、その度に多くの尊き命が失われてきた。

命の数だけ生き様がある。死者の数だけ語り継ぐ物語がある。

明かされる彼らの生き様や、最期の瞬間を出来る限り集めてみたい。

彼らの生きた証を後世に引き継ぐために・・・

【スポンサーリンク】

もしこの記事が気に入って頂けましたなら、はてなブックマークやツイッター、Facebook等でシェアしていただけたら嬉しいです。この上無いはげみになります。

関連記事

おすすめ記事

  1. 2011-3-20

    【東日本大震災】夫の最後の贈り物、指輪に誓う「娘と強く」

    夫の荷物の中に指輪があった。ホワイトデーのプレゼントに、こっそり買ってくれていたらしい。  …

ピックアップ記事

  1. 東日本大震災の津波から孫2人を守りながらも、母を失った南相馬市小高区の渡辺のり子さん(66)は「…
  2. 仙台市青葉区の清水和子さん(67)が27日、看護師の国家試験に3度目の挑戦で合格した。東日本大震…
  3. 肩までの髪に、おそろいのワンピースを着た仲よしの姉妹。グアムでは夕陽が沈む海で、イタリアではピサ…
  4. 岩手県陸前高田市 金沢善郎さん(86)晃子(当時53歳)、私が仏間にめったに入らないから怒っ…
  5. 宮城・石巻の小高正美さん、親子4人で歩み始める新しい命に、失った我が子らの思い出や成長を託せるよ…
  6. 「僕は成田家の人間ですから」彼は即答した。東日本大震災で亡くなった宮城県石巻市の成田絵美…
  7. 「恨んでいる相手と一緒にいるのはつらいだろうから、離婚して東京の実家に帰るか?」夫のその言葉…
ページ上部へ戻る